無職のカードローン利用

最近のカードローンは働いている人であれば、借りることができるようになっています。収入がない専業主婦であっても融資を受けられる体制が整っていますので、誰にでもチャンスがあると言えるでしょう。ただしひとつだけ融資が不可能になる属性があります。それは無職の人です。働いている人が条件になっているのが申込みができる条件になっていますので、残念ながら即日にお金を借りることはできません。もっと細かな区分けをされていますので、その点も良く見ておきましょう。

 

専業主婦の人でも融資を受けることができると言いましたが、これは銀行に限られます。消費者金融には総量規制という制限があり、収入の3分の1以上はお金の融資を受けることはできません。ただこの規制は銀行は省かれますので、配偶者に所得によって審査を受けることができ、結果融資を受けられる可能性があります。無職の方もこの総量規制が問題になっており、また配偶者もいなければ残念ながら融資を受けられないことになります。

 

ただ働いていない人がお金の手にする方法として、貸金業者として認められていない闇金業者やクレジットカードの現金化などがありますが、金利で換算すると大きな負担になりますので、おすすめできません。すべて自分を追い詰めてしまうことになりますので、このようなことは利用しないようにしましょう。まずは働き始めることで借りられる環境を整えることがとても大切になります。